43歳弁護士です。僕の学費は当時、母親が、その都度カラダを売って、捻出してくれていました。 円城ひとみ

商品詳細

43歳弁護士です。今でこそこうしてバッヂを付けて企業を顧客に仕業を営む私ではありますが、こうして今の私があるのは、母親の、献身的なサポートがあったからこそである事を、決して忘れるわけにはいきません。遡ること二十数年前。あれは確か、平成の元年。決して裕福ではない母子家庭に育った私は、思春期の頃、その学費を捻出するために、マジメで働き者の母親が、その熟れた女体を羞恥に耐えつつ売っている事を知りました…。

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=ndra00006/